スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分だから分かる、Twitterのブロックリストエクスポート機能の仕様

TwitterのWeb版には、ブロックしたユーザーの管理画面に「ブロックリストのエクスポート機能」がありますが、以下のような動作になっているようです。
  • user_id(数字のやつ)のみが改行区切りされたcsvが取得できる。
  • 1ページ5000件。5000件を超えた場合、複数ページにまたがる。
  • Edge,Firefoxでは、途中で複数ページのエクスポートが止まってしまうことがある。Chromeは安定。
  • どのページも、最新5000件のリストになる。(多分バグ)
    つまり、エクスポート中ブロック操作しなければ、全ページが全く同じ内容になる。これにより、5001件目以降のデータは、この機能では取得できない。ただし、ページ数は正常なので、5000単位での大雑把なブロック件数だけは分かる。
  • 最大992ページまで。それ以降は出力されずにストップする。(バグと思いたい)
    つまり、ブロック数4,960,000超えのアカウントでは、この機能では全リストが取得できず、大雑把なブロック件数すら分からない。(しっかしなぜこんな中途半端な数…。)
意外に使い物になりません。


どうやら、自分のブロック数を知るためには、APIを叩いてゆっくり取得していくしかなさそうです。(一気にやると、75000辺りで制限に引っかかる様子)
ブロック数確認ツールを自分で作るか、"ぶろるっく"を使うしかありません。

なお、ぶろるっくの出力によれば…

わたしは14,547人からブロックされています(サンプル:363,161)ブロックした件数:5,331,245 相互ブロック件数:12918 #blolook http://blolook.osa-p.net
だそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

おふがお(OffGao)

Author:おふがお(OffGao)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。